kurotamago's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 多摩・小平散歩(1.総本宮、阿豆佐味天神社に参拝)

<<   作成日時 : 2018/06/17 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

弐級合格(仮)のお礼参り。
やはりお礼は天津神であろうと思い、
小平神明宮へ参拝することにした。

6/16土曜日は雨の予報だったので
(実際にはほとんど降らなかったが)、
翌17日日曜日、晴れのはずが曇天の中、
多摩・武蔵野地方に出かけた。

小平神明宮へ直行と思いきや、
その勧請元であり、かつ阿豆佐味天神社総本宮である
西多摩郡は瑞穂町に鎮座する阿豆佐味天神社を目指す。

家を早め(といっても9時過ぎ)に出発、
武蔵野線は新小平で下車。
都営バスで箱根ヶ崎方面に向かう。
40分くらいのバス旅。
ところが、降りるべき「岸」バス停の手前で
不覚にも寝入ってしまい、
3つ4つ先のバス停で慌てて下車。
15分ほど歩いて戻る羽目に。

と、参道の途中で合流、
神明鳥居と郷社阿豆佐味天神社の社号標がお出迎え。
青梅街道からほんの少ししか離れていないのに、
ひときわ静寂な神苑。
参道先には、厳かで彫刻豊かな社殿が鎮座。
背後に控える神苑の森が圧倒的に神威を増す。

画像


創建は寛平4年(892年)、桓武平氏の祖、高望王によるらしい。
武蔵七党の一つ、村山党(高望王の子孫で秩父平氏の流れを汲む)の氏神として
崇敬を受けていた。
堂々たる式内社である。
ご祭神は、少彦名命、素戔嗚命、そして大己貴命。
まずは弐級合格(仮)を報告し、神々に感謝の念を伝える。

その後は、社殿右方に鎮座する神明社に参拝。
この神明社こそ、この後訪れる小平神明宮の勧請元。

画像


さらに、社殿左方に鎮座する稲荷社、
そして合同社(八幡社、熊野社、雷神社)にも参拝。

武蔵野の丘陵を背後にした神秘的な境内に
参拝の最初から最後まで私一人。
阿豆佐味天神社総本宮を独り占め。
たっぷりと神威を味わい、
東大和市駅に向かうべくバス停に歩みを進めるのであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
多摩・小平散歩(1.総本宮、阿豆佐味天神社に参拝) kurotamago's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる