kurotamago's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲斐国紀行(6.甲府城散策)

<<   作成日時 : 2018/05/03 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

早朝、目が覚める。
しかし、まだまだ朝食の時間ではないので、
甲府城(舞鶴城)へと散歩に出かけた。

城内では、年配の方々を中心に散策の人々が多い。
近所にこのような名勝があれば、私も毎日散歩するのに…
今日は富士山が見えますよ、って声を掛けられる。

鉄門(くろがねもん)を潜っていよいよ城内中心へ。
あちこち見ながら天守台に登り、甲府城下、山並みを眺める。
よい気分である。

ところで甲府城といえば、その石垣が特徴である。
野面積み、ゆるやかな角度、反りがない、
そして算木積みが乱れること。
420年ほど前の石垣が残る甲府城、
これら古い石垣に特徴的な構造が見られる。
築城は、豊臣秀吉の命によるもの、
その後、浅野長政・幸長(よしなが)が完成させた。
すなわち、武田氏滅亡後の築城である。

画像


ところで甲府には、二つの城下町がある。
一つはこのあと訪れる武田神社
(=武田氏館、躑躅ヶ崎館)を中心に作られた武田城下町、
そしてもう一つは、近世の甲府城を中心に作られた甲府城下町。
なんとも珍しい街なのである。

美しい城壁を写真に撮りまくって、
早朝散歩を終え、宿に帰ってのんびり朝食を頂いた。
さあ、今日も一日がんばろう(何を?)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
甲斐国紀行(6.甲府城散策) kurotamago's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる