kurotamago's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 前橋紀行(4.前橋東照宮に参拝)

<<   作成日時 : 2018/01/01 18:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

大胡駅ホームで13:21発の電車を待つ。
とホームに自転車で現れた女性。
電車に乗ると、二両のうち後ろの車両には
自転車を共にする乗客が結構いる。
集客にはいいシステムなのかもしれない。

終着駅である中央前橋駅にて下車。
ちょっと遅くなったが昼飯を食べようと、
駅近の哀愁漂う「美やこ食堂」にて天ぷらそばを食す。

とりあえず空腹を満たし、
コミュニティバスである「マイバス北循環」にて
前橋公園の一角に鎮座する前橋東照宮に向かう。
この前橋東照宮、
結城秀康の五男、松平直基公が越前勝山城内に創祀。
移封のたび神社もその城内に奉還。
現社殿は、川越から明治4年に移築。

こじんまりした境内。
手水舎には柄杓がなく(正月の混雑を控えて?)、
自動でチョロチョロ水が噴出。
正面すぐに拝殿。
ご祭神はもちろん徳川家康公。
さらに、木花咲耶姫、菅原道真公
(江戸時代初期、前橋藩主酒井重忠により創建された天満宮を
明治4年に合祀)、長壁様(明治31年合祀)を祀る。
前橋を見守ってくれる東照宮に祈る。

画像


白秋・朔太郎会見の杉を横目に、
後方に鎮座する厩橋護国神社、営築稲荷神社にも参拝。

平成28年春に完成したという新社務所にて、
御朱印を受ける。
刀剣女子を狙った(?)松平大和守が描かれた栞付き。
社務所内には日本三名槍の一ついう御手杵の槍(レプリカ)、
能面、陣羽織、そして家康公アニメ放映や授乳室まで完備。

なかなかにさばけたというか現代的というか、
現代の神社の在り方であろう。

さて、前橋公園をぶらぶら散策。
ただ今日はもうヘトヘトである。
ちょっと早いけど、宿(東横イン)に向かうべく
今度はマイバス南循環で16時過ぎに前橋駅に帰還。
夕食は「一二三家」なる大人チックな居酒屋で
マグロのなめろう、ネギガーリック豆腐ステーキ、
などのつまみ(いずれも美味い!)と、
ビール、サワー、日本酒(赤城山)などを味わう。
それだけで宿に帰ればよいものを
炭水化物が欲しくなり、
マクドナルドで買い出しをしてしまう。

宿では「龍馬の遺言」を見ながらのんびり。
とりあえず赤城神社二つを制した充足感に浸り、
明日の予定を算段しつつ、
疲労困憊でいつの間にか就寝と相成った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
前橋紀行(4.前橋東照宮に参拝) kurotamago's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる