kurotamago's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 野田散歩(1.下総野田愛宕神社に参拝)

<<   作成日時 : 2017/08/21 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は、終戦記念として何処にも行かなかった。
終戦記念日に、TV放映された式典に合わせ、
黙祷しただけである。

そういうこともあって、
遅ればせながら8/20の日曜日、
千葉県は野田市に鎮座する
迦具土命を祀る下総野田愛宕神社を訪れた。
火伏の神ということで、
火にまかれて亡くなられた方々への鎮魂の意図である。

東武野田線愛宕駅にて下車。
数分で大きめの神名鳥居が、街道交差点に鎮座。
くぐればすぐにほぼ四角の境内。
蝉しぐれの中、まずは拝殿にて参拝。
戦火にまみえた方々を偲ぶ。

画像


ここ愛宕神社の創建は古く、923年という。
山城國愛宕郡愛宕の里からの勧請。
現在の社殿は1828年に再建、
拝殿、本殿は重厚な銅瓦葺、
千鳥破風に唐破風の向拝付き、
そして何と言っても透かし彫りを含めた彫刻に彩られた本殿。
千葉県指定有形文化財である。
社殿左には小ぶりの神橋。
さすがに渡らず。

境内をぐるりと巡る。
力石、愛宕大権現と刻まれた石灯籠、
野田で二番目に古い石鳥居(一番目は何処?)。
御神水である延命水は、
井戸のポンプを動かして汲み出す。
延命のためにゴクリと飲む。
長生きしたい。
本殿右側に配置される大鳥神社、
合同社(今宮神、道祖神社、稲荷神社)
(最初は何かの小屋かと思いました、失礼)、
さらに似た合同社(秋葉山、天満宮、疱瘡神)に参拝。
そして左側に配置される三峰神社、
秋葉神社(再び)、稲荷神社(再び)、
松尾大神の石碑などにも参拝。
同時に、本殿の彫刻もぐるりと味わう。

隣には神宮寺であろうか、西光院が隣接。
参拝略ですみません。

終始一人。
古さ、侘びさびを感じさせながらも
手入れの行き届いた境内にてしばし佇む。
名残惜しみつつ、次なる目的地に向けて出発する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
野田散歩(1.下総野田愛宕神社に参拝) kurotamago's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる