kurotamago's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛暑の品川散歩(2.荏原神社に参拝)

<<   作成日時 : 2017/07/30 18:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

さて次なる目的地、
荏原神社まで歩くことにする。
30分もかからないだろう。

途中、第一三共の横を通る。
おっと、敷地内に鳥居発見。
朱色の鳥居がいくつも並んでいるのと、
扁額にかろうじて「正一位…」と読めるので
稲荷社であろう。
日本の会社、神社好きである。
目黒川に架かる御嶽橋を渡る。
おっと、そういえば先ほどの貴船神社、
川がそばになかったのでは。
なのになぜ貴船。謎である。

猛暑の中、てくてく歩いていくと
何故か大崎に戻っているような。
道、間違えたようだ。
猿田彦にはいつ会ったか…

ちょうどお昼過ぎだったので、
大崎ゲートシティなる商業施設に入場。
レストランも数多い。大崎、見直す。
オヤジ一人でも心置きなく入れる
北海道(郷土料理)にて、カツ煮定食を頂く。
参拝途中により、アルコールはなしである。
安野希世乃さん(知らない…)のミニライブが
もうちょっと待てば開催ということで、
ファンたちが押せ押せである。
それを横目にゲートシティを後にし、
目的地目指して再び歩く歩く。

間違った交差点発見。
さらに進むと、東海寺大山墓地なる案内板。
沢庵和尚墓、賀茂真淵墓、渋川春海墓、
西村勝三墓、井上勝墓、があるらしい。
迷って、案内の方向に寄り道。
100mくらいで墓地到着。

まずは、賀茂真淵墓。
立派な石製の明神鳥居が控えている。
さすが、国学の四大人。

画像


沢庵和尚墓は特別な存在か。
囲われているので遠巻きにみる。

あと、「天地明察」を読んだり見たりして愛着がある
渋川春海の墓はどこかとウロウロしていたが見つからず。
道に看板まで出しているのだから、墓地にも案内板欲しい。
後からネットで調べると、
線路脇に小さいお墓があるようだ(小さな看板付き)。
ついでに言うと、島倉千代子の墓もあるらしい。

寄り道しながら、なんとか荏原神社に到着。
朱色の鎮守橋が目黒川に映える。
まずは、境内社(境外社?)の
稲荷神社、熊野神社、八幡宮に参拝。
「郷社 荏原神社」の社号標を備える境内は
こじんまりとした佇まい。
木製明神鳥居の直ぐ後ろには、恵比須像が控える。
東海七福神の1社という。

画像


拝殿は、彫刻が見事である。
創建は、先ほどの貴船神社と同様、和銅2年(709年)。
勧請元は、丹生川上神社(高龗神)という。
その後、伊勢神宮から豊受大神と天照大神、
八坂神社から牛頭天王を勧請。
というわけで、現在のご祭神は
高龗神、豊受姫之神、天照皇大神、須佐男之尊、
そして手力雄之尊、大鳥大神、恵比須神。
准勅祭社12社のうちの堂々たる一つ。
かつては品川総鎮守であったが、
今はその地位を品川神社に譲り、
氏子地域は品川南域が中心である。
ここでも水の安全を祈念して参拝。
目黒川ほとりの鎮座というのが、趣を感じさせる。

御朱印を受け、本日最後の目的地、
品川神社へと足を向ける。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
猛暑の品川散歩(2.荏原神社に参拝) kurotamago's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる