kurotamago's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 諏訪紀行(8.下社春宮編)

<<   作成日時 : 2017/05/07 10:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、春宮到着。
デカい注連縄が掛けられた神楽殿がドン前に。
そしてその後方に、幣拝殿、左右片拝殿。
幣拝殿は二階建てで、彫刻も美しく、圧倒される。
大隈流、柴宮(村田)長左衛門の作。
さすが諏訪大社とあらためて感じる。

画像


主祭神は(下社はそうであるが)八坂刀売神。
そしてもちろん、建御名方神も祀る。
さらに、八重事代主神も合祀されているという。
諏訪の神秘に心して参拝する。

初日に馴染んだ高志沼河姫神(奴奈川姫)を祀る子安社、
建御名方神の御子神13柱を祀る若宮社、
建御名方神を祀る上諏訪社(なぜわざわざ?)にも参拝。

御朱印をお願いしている間、
祓戸大神を祀る浮島社に参拝。
島の先方で座禅?を組んでいる方、
浮島社の前でやおら笛を吹き始めた御仁。
おー、諏訪である。感服する。

さらに、岡本太郎さん、新田次郎さんも感嘆したという
万治の石仏を見る。
見るだけではなく、
「よろずおさまりますように」→3回廻って
→「よろずおさめました」と唱える。
もしかして、「よろずおさまりました」と
唱えてしまったかもしれない。
まあ、同じだろう。

さて、春宮を堪能した。
秋宮に足を向けよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
諏訪紀行(8.下社春宮編) kurotamago's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる