kurotamago's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 諏訪紀行(5.霧ヶ峰&車山高原編)

<<   作成日時 : 2017/05/06 10:04   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

熱出なかった。
ところで最近、眠りが浅く、
ぐっすり眠ったと感じることがない。
疲れが残る。

とはいえ、今日(5/2)は
霧ヶ峰高原への旅である。
9:50、上諏訪駅からアルピコ交通バスに乗車。
長年(?)の経験で、
満員になることはなかろうと思っていたが、
その通り。数組の乗客のみ。
霧ヶ峰インターチェンジで下車。
結構肌寒い。

まずはビジターセンターにてプロの意見を請いながら、
今日の予定を最終決定する。
私としては、八島湿原からぐるっと蝶々深山を経て、
車山高原に向かうことを想定していたが、
プロのお兄さんから「そりゃあ時間かかるよ」って
かなり難しい顔をされた。

それに怖気づいて、ちょっと楽そうなコースを選択。
まずは霧ヶ峰インターチェンジから車山肩まで
かなり整備された(岩多いけど)遊歩道を行く。
とにかく、見渡す限りの高原、
遠方にはアルプスの山々、
富士山も拝める、ということで
快調に足を進める。

難は、車道が近いこと。
高原の散歩道を楽しむ脇で、
ブンブン走る車やバイクには少々興ざめである。

1時間ほどかけてようやく車山肩に到着。
ここから一気に車山高原に登るつもりであったが、
雪解け道の急な登りは無理ではないか、
とちょっと恐れをなした。
で、まずは車山湿原を左に車山乗越(のっこし)に。
そこから今日のメインの一つ、蝶々深山を目指す。
実は、パンフレットに掲載されているがごとく、
新緑の中の蝶々深山への道を思い描いていた。
期待裏切られてがっかり。
まだまだ新緑には程遠い季節であった。
しかも、高山植物は咲いていない。

画像


へとへとになりながら、何とか蝶々深山の頂きに。
360℃パノラマ。快晴。
何とも気持ちがよい。
しばし、山頂を堪能し、
車山山頂を目指して引き返す。

車山麓で、山頂へのあまりに急な階段に怖気づき、
スカイパノラマ(リフトね)に乗ろうとちょっと下る。
乗り場付近にあった車山天狗水で喉を潤し、
楽々リフトで一気に車山山頂。
チョー気持ちいい。

まずは、山頂に鎮座する車山神社に参拝。
昭和の初め、霧ヶ峰のガボッチョ山に、
大山祇命を祀る「スキー神社」が建立され、
後に車山山頂に遷座。
その際、もともと山頂に祀られていた神様(誰?)と合祀。
やがて、諏訪らしく建御名方神と八坂刀売神と合祀。
山の鎮守、山に訪れた人々の安全、そして
スキー上達の神様として皆を見守り続けているとの由。
鳥居から富士山を拝む。

画像


御柱も麓から曳き上げてくるわけで、
「天空の御柱」と言われている。
私も、山を見守ってきた神々に感謝して参拝する。

画像


車山レーダーの鎮座する真の山頂に向かう。
ここは、真の360℃パノラマである。
快晴の中、
浅間連峰、八ヶ岳連峰、富士山、南アルプス、
中央アルプス、北アルプスがぐるっと一望。
体の芯からゾクゾクっとくる感動。
(榛名神社以来である)。

画像


歩いて登っていたら
もっと感動が大きかったかもしれないが、
命には代えられない。

しばし山頂を楽しんだ後、
下りは(途中で再び車山天狗水で喉を潤し)
一気にリフトを乗り継ぎ下山。
ガラガラのバスで一気に上諏訪駅まで帰ってきた。
まだ、15:30くらいである。
というのも実は、
これから次なる目的地があるのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス
諏訪紀行(5.霧ヶ峰&車山高原編) kurotamago's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる