kurotamago's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑司が谷散歩(2.鬼子母神編)

<<   作成日時 : 2017/04/16 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、ちょっと歩くと鬼子母神。
実は2回目、前回は約20年前、
妻と訪れたことを思い起こす。

境内に入ると、左に大公孫樹、そして武芳稲荷。
普段は主祭神の鎮座する拝殿から参拝するが、
ここは寺社だし、まず稲荷に参拝。
祀られる倉稲魂命は地主神。

屋台が4軒ほどある。
うーーん、小腹はこちらがよかったと後悔。
ちらちら眺めながら正面の鬼子母神堂へ。
堂々とした権現造。
大きく、「鬼子母神」の扁額が架かる。
娘たちの安らから成長を願う。

画像


ところで、ここ雑司が谷の鬼子母神、
「鬼」の字の上の「ちょん」が実はない。
というのも、ここの鬼子母神、
通常?の鬼子母神像と異なり鬼形ではなく、
菩薩形の美しいお姿をしている故とのこと。

御朱印を受け、境内を一巡り。
20年前に来た時とちょっと雰囲気が違って、
全体に明るくなった印象がある。
金剛不動尊を祀る法不動堂(のりふどうどう)、
鬼子母神像、裏にまわって北辰妙見大菩薩を祀る妙見堂。
この妙見堂、鬼子母神堂本殿裏にぴたりと鎮座。
本殿は1664年、そしてこの妙見堂は遅れること122年、
1778年、家斉の時代の建立という。
妙見様に何を求めたのであろうか。

帰路は、鬼子母神駅から王子駅まで都電に乗った。
170円(Suicaでは165円)、乗り放題である。
車両は新型。ガタゴト木造(ない?)を期待していたので
ちょっとがっかり。

というわけで、陽気の中、
娘たちの成長を願った一日であった。
夕方早めに帰路につき、家で一杯(以上)ひっかけて
充実感満載で就寝するのであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
雑司が谷散歩(2.鬼子母神編) kurotamago's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる